マンション

大事なエレベーターのメンテナンス作業|事故を起こさないために

高層ビルには必要不可欠

エレベーター

マンションやビルに必ず設備としてあるのがエレベーターです。もちろん定期点検は欠かせない事柄です。しかし同じ定期点検でも知っておくことで得になることもあります。それは定期点検の頻度です。エレベーターは法令で年に1回は必ず点検を行うよう義務付けられています。しかし通常は月に1回程度の点検を行っているところが多いようです。点検を行っている業者にはメーカー系と独立系の2つの形態があります。メーカー系は保守部品などの在庫も多く対応が早いというメリットがありますが費用的に独立系よりも割高になっています。独立系は若干の対応の遅さはあるものの費用を安く抑えることができます。マンションやビルの管理費を抑えるためには独立系に依頼することで大きな違いが出ます。

エレベーターは高層階の建物には欠かせない設備です。しかし、どれでも同じというわけではないのが実情です。エレベーターは購入して設置すれば終わりというものではなく点検を定期的に行うことが必要になってきます。点検の費用を抑えることが出来るのは動作に必要な電気代などです。もちろんメーカーに点検を依頼するのであれば定期的な点検の費用が安いところの製品を導入するということも方法のひとつです。また、建築中の建物に新たにエレベーターを導入するときには見かけの価格だけではなく設置後のメリットも考えて導入を考えることが大切です。もちろん老朽化による交換が必要になった場合も同様です。