作業員

大事なエレベーターのメンテナンス作業|事故を起こさないために

ヘルメット

メンテナンスを業者に依頼

マンションのエレベーターを点検する業者で人気のあるところは、地元で長年利用されている実績のあるところなのでどんどん利用しましょう。点検の目的はトラブルが深刻化する前に発見し、早期に修理することでコストを抑え、建物の安全を守ることです。

定期的な点検で事故を防ぐ

エレベーター

エレベーターはビルなどの建物には欠かせない設備です。実際に設置している場合には定期的なメンテナンスが必要になってきます。エレベーターを導入するときに電気設備や給排水などと同様にマンションの管理費の中にエレベーターのメンテナンス料金も含まれている場合が多いです。メンテナンスの契約形態としてフルでメンテナンスを行う契約と消耗品交換のみを付けている契約というものがあります。フルの契約の場合には特に何も考えなくても全てのメンテナンスを業者が行ってくれます。消耗品交換のみの契約の場合には契約外の部品の交換が発生した場合には別途費用がかかってきます。その点でどちらを選択するかを決めることになります。安全な利用のためにエレベーターのメンテナンスは欠かせないのでよく検討することが大切です。

エレベーターを設置している場合にはメンテナンスが欠かせないですが、メンテナンスを行う目的は常に多くの人を運んでいるエレベーターに対して行う健康診断のような役割です。故障しているものを修理するというよりも故障する前に異変を見つけて対処するという意味合いが強いといえます。実際にエレベーターは正常に動いていないと大変な事故に発展してしまう可能性があるからです。そうならないために事前に細部の点検やメンテナンスを実施するのです。もちろん年に1回の点検は法律でも義務付けられています。しかし、実際にはもっと多い頻度で行う場合が多いです。その理由はエレベーターはちょっとした異変でも気付いて対処する必要があるからです。

集合住宅

定期的なメンテナンス

マンションにあるエレベーターは、必ずメンテナンスを行わなければなりません。メンテナンスをすることで故障のリスクを防いだり、部品の取り換えなどを行うこともできるからです。メンテナンスの専門会社に相談すると良いでしょう。

エレベーター

高層ビルには必要不可欠

高層階の建物に必要なのものがエレベーターです。設置後は年に1度の定期点検を行なわなければなりません。一般的には月に1度は点検を行うところが多いです。メーカー系と独立系のどちらに依頼するかで費用が違います。独立系はお得です。新規に導入するのであれば電気代や点検代などのお得なメーカーにするのも方法のひとつです。